現在上映中の作品

湯を沸かすほどの熱い愛

3/4(土)~17(金)①夕方4時のみ

3/18(土)~31(金)|①朝10時|②昼1時半|③夜7時

夫が湯気のごとく蒸発して以来、銭湯・幸の湯は休業中。残された母娘は二人で懸命に生きていたが、ある日突然、母は余命宣告を受ける。気丈な彼女はその日から、「生きているうちに絶対にやっておくべきこと」を決め、着実に実行していく。その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。

自主制作映画『チチを撮りに』(2012)で国内外の映画祭で絶賛された中野量太監督が、オリジナルの脚本で物語を紡ぐ。その脚本に心を沸かされ出演を決めたのは、『紙の月』などの好演で名実ともに日本を代表する女優となった宮沢りえ。

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。

 

余命2ヵ月。私には、死ぬまでにするべきことがある。

 

マイマイ新子と千年の魔法

3/20(月)~31(金)①夕方4時のみ

4/1(土)~14(金)|①昼1時半|②夜7時

昭和30年代の山口県防府市を舞台に、小学3年生の少女の生き生きとした日常や真っ直ぐな感性、楽しくも切ない季節を描く長編アニメーション。

原作は芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説。指揮をとった片渕須直監督は、本作公開(2009)直後から『この世界の片隅に』の映画化に動き出し、映画史に残る名作を生み出した。

さまざまな空想に胸をふくらませる小学3年生の明るい女の子・新子は、千年前の街の姿やそこに生きる人々、やんちゃなお姫様までも思い起こすことができる。

そんなある日、東京から貴伊子という転校生がやってきた。

 

田舎の生活に馴染めない貴伊子が気になった新子はお互いの家を行き来し、次第に二人は親しくなっていくが――。

 

今後の上映予定

【再上映!!】

この世界の片隅に

4/1(土)~14(金)|①朝10時|②夕方4時

「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代が「漫画アクション」に連載したコミックスを長編映画アニメ化。

戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を描く。

1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロ離れた呉へとやって来る。

それまで得意な絵を描いてばかりだったすずは、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓をつくり出す。

やがて戦況は激しくなり、日本海軍の要衝である呉は米軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。

 

そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える――。

 

沈黙 -サイレンス-

4/15(土)~28(金)|①朝10時|②昼1時半|夜7時

原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ

戦後日本文学の金字塔、世界20ヵ国以上で翻訳されて読み継がれている遠藤周作「沈黙」を、巨匠マーティン・スコセッシ監督により完全映画化。

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。

日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。

日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人と出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々――

守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは。

 

なぜ弱きわれらが苦しむのか――

 

 

 

ラ・ラ・ランド

アカデミー賞〈史上最多タイ〉14部門ノミネート、〈史上最多〉6部門受賞作品。

4月下旬より上映開始!(詳細は後日掲載します)

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。

女優志望のミアと売れないジャズピアニストのセブ(セバスチャン)。二人の夢と恋の行方を描く。

映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。

ピアニストのセブは、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋に落ち、互いの夢を応援し合う。

しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる――。

 

観るもの全てが恋に落ちる極上のミュージカル・エンターテインメント。

 

 

現在調整中

(記載情報なし)

「大黒座」関連サイト

Blog

ブログ「大黒座と館主、ときどきちーたん。は、大黒座の日常をサポーターが綴っています。

Facebook

大黒座チャレンジ」のページ名で、大黒座サポーターズクラブが運営しています。大黒座の日常やイベントの様子も発信中です。

Twitter

ちーたん@浦河大黒座」のユーザー名で、看板猫のチビ(愛称ちーたん)の目線でお届けしています。

ぜひフォローしてほしいニャ♪